食べたいものを、
食べたいだけ、
食べたいときに、
食べて、寝る。

これぞワタクシの旅行の醍醐味。

 

が、休暇から戻るともちろん現実・日常生活が待っている。

 

とりあえず体重計に恐る恐るよじ登り、
当たり前の増量に若干ビビる。
他人事のようにビビッて見る。

世界の七不思議。
10kg瘦せても回りは気付かないが、
3kg太ると回りは気付く…。

1週間強、自堕落な生活に身を任せ、
糖質・グルテン・脂質とこよなく戯れ、
エクササイズなんてすっかり習慣から
すっかり抜けてしまったこのワタクシを、

同僚の女王N子が見過ごすはずがない。
*N子、久しぶりの登場である。

 

出社し一言目「あら~お帰り~楽しかった?バケーション。」

 

「は、、、はぁ・・・楽しかったです~」

 

と返事をするもつかの間

 

でしょうね、お腹の辺りと顎の辺りに緊張感がなくなったみたい。
おまけに肌つやも…添加物が体内から脱出を試みているみたいだけど…。

 …それはすなわち、たるんで、肌荒れしているという事に他ならない。
褒める時も貶す時もN子はエレガントである…

…が、同時にストイックでもある。

 

そして、やはり今日も鞭を振るうのである

 

「さ、始めるわよ、マスタークレンズ
きっと旅行で毒素をためて戻ってくると思って待機してたの。」

 

…色々読まれている。

 

 

マスタークレンズとは、水にレモンとメープルシロップ、
カイエンペッパーでレモネードを作り、
それだけで数日過ごすというものである。
飲む量は自由。ただし、それ以外は口にせず、
溜め込んだ毒素を身体から
たたき出すと言うデトックス方法である。

 

 …かくして、NとN子のマスタークレンズが始まったのである。

 

早速、指示を受け、水筒とメープルシロップを購入し
出社したワタクシ。

 

ド・ローカルなエリアに住むワタクシの近所に、
オーガニックなメープルシロップなんて売っているわけもなく、
成分の怪しい中国で砂糖から作ったような蜂蜜みたいなものしか
見当たらない中、比べに比べて一番マシそうなものを購入。

一方その頃、外国人が多く住むエリアに住むN子は
ワタクシが購入したボトルが5本は買えそうな値段の
カナダ産のメープルシロップを購入。

 

…同じ会社で働いていながら、この格差…。

 

朝っぱらからボトルにレモンを絞り水を入れ、
なにやらシェークをしている姿を見た香港人が
こぞって興味を示し、にわかに「私もやる~!!」
とクレンズに参加。

 

…が、数時間後、早くも弱音を吐き始める。


朝から、焼きそばだのウインナーだの割かし
ジャンキーなものを食べてる香港人には
いささかきつい様子。

 

きついよね~…チョットスナック食べちゃおうか??

なんて香港人に賛同しようとしたワタクシを
遮るかのようにN子が言い放つ…

 

ま、にわかに決意して参加した、我慢する事を知らない
ミーハーな彼女たちには無理みたいね

 

…慌てて「チョットスナック食べちゃおうか」提案を飲み込むワタクシ。

  

とにかく空腹をごまかすために、
レモネードをがぶ飲みし続けたところ、
段々寒くなってきたような…
…そして、チョット頭痛も感じるような…

何より、甘いものへの欲が、ヘロイン中毒者のように…
チョコレートやらクッキーやらを求め指先が
引き出しへと向いてしまうのである。

 

とりあえず弱音を吐き、リタイアを認めてもらおうと思ったワタクシ。

 

そんなワタクシにN子は目を輝かせ

それよ!今こそ、毒が身体から抜けようとしている印し!

体内の毒が減ってきたから補おうと働きかけてるのよ!!

効果が出始めたわね…さ、これからよ!

 

…と、デトックスの醍醐味であるかのような
アドバイスを受け辞められず…。

  

気づけば定時を過ぎ、家に帰ると、
「ここまで頑張ったのだから今日は食べない!」と、
レモネードを1リットルくらい飲んだ後、
疲労感から早々にベッドに転がり込む。

恐らく身体は省エネモードとなり、
夜7時、8時頃だったが、翌朝まで途切れることなく
眠り続けるのであった。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 30代の健康へ
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村